帰ってきた750ライダー

バイク暦35年、GSR750で大型復帰したおやじの戯言

Category: 趣味  

聲の形

聲の形

これは娘達にも見せたいと思っていたので、娘二人と親子3人で見にいきました。

KIMG0810.jpg

一番近いシネコンでは上映していなかったので別のシネコンへいきました。
前売りだとネットで予約が取れないので朝一で映画館へ向かい何とか並びの席を確保。

天気も悪いせいか、映画館全体が混んでますね。



原作を知っていればわかると思いますけど、絵柄とは違いテーマは重いですよね。
生きることの意味なんて言うと大げさかもしれませんが、生き方や自身の在り方を考える
・・・・うまく言えませんけど、感動したとか泣けたとかでもないし、単なる学園ものでも恋愛が主の作品でもないし・・・

個人的には「心を揺さぶられた」そんな感じでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry待ちきれない

Older EntryROCK復活への一歩

 

Comments
Edit
上映館数が少ないのか、うちの辺りでも見るにはちょっと足を伸ばさないといけないです。
テーマはたしかに重いものですよね。
それゆえ、見るかどうかちょっと悩み中です。
Edit
>ピィさん
テーマがテーマだけに上映館は限られていますね。
それでも、私が行った日は満席でした。

何度か涙腺が緩みましたけど、なんと言うか胸が締め付け
られる思いでした。

でも、良い作品だと思います。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >