帰ってきた750ライダー

バイク暦35年、GSR750で大型復帰したおやじの戯言

Sort by 11 2014

Category: バイク総合  

走りにくい時代

ニュースなどでご存知の方も多いと思いますが
11月4日から埼玉県内で新型の速度取締機が試験運用されます。

ただ小型化しただけでなく、今までの取り締まりとどう違うのかを検証します。


今までの主な取締機を使用したタイプの速度取締りです。

この他、有人型の追尾や従来のいわゆるネズミ捕りといわれるのもありますけど、
さすがにこれは解説はいらないでしょう。

maxresdefault.jpg
今までで一番手ごわかった?
光電管、レーダー探知機も歯が立たないものの、近距離無線が使用されるのでそれが拾える(音声は聞こえない)
タイプの探知機だと助かる可能性もあります。


では本題へ
53128123_2116254153_219large.jpg
もっとも小型のもです。
計測は光電管と思われます。


そして
sokudo01.jpg
移動オービスと言われる物をさらに小型化したものです。
コレの速度計測方法は不明ですが、レーダーと思われますが
有人操作のステルス型であることは間違いないでしょう。


なんだ今までのネズミ捕りと一緒じゃんと思った方?
これの手ごわいところはその場で捕まえないことにあります。

つまり車両を止めて切符を切るスペースが要らないと言うこと。
ゾーン30となどの住宅地の周辺などでもわずかなスペースで取り締まりが可能になり
光電管で計測する上にその場で捕まえないので近距離無線も使用しないため
肉眼で確認する以外に逃れる方法はないということです。(私感です)


しかも30キロ制限の範囲での使用がメインと思われるので、もはや安心して走れる場所は
無いといっても過言ではないでしょう。

固定では無いということは、機械の近くには警官がいます。
なのでカメラは正面だけでも通りすぎるナンバーを確認されますので、バイクも
油断はできません。

固定のオービスなどは全国に数箇所しかない前後同時撮影以外では
余程悪質でないとバイクは対象外ですが、これはそうは行かないと思われます。

あと想定されるのは
Cb1300p-mater.jpg
撮ったすぐあとにコレを併用されるとばっちり後ろ姿も押さえられちゃうかも?
もう、道路に出るのがいやになるかも・・・

買い物のおばちゃんや、出前のおじさんが取り締まりに会うなんてことも
でてくるでしょうね・・・・
郵便屋さんのカブも完全にターゲットになりますね・・・

やろうと思えば何処でも速度取締りができる時代が来ようとしています。

年内は埼玉県内ですが、全国に波及するのは時間の問題でしょう。

住宅地での取り締まりは赤切符になるのは少ないので、10キロ程度から
対象となるかもしれません。
40キロで走っているとカメラで捕まるなんてことも・・・あるかも知れないですね。
スポンサーサイト

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >